お知らせ

【各種調査】 平成30年度兵庫県中小企業労働事情実態調査報告書を掲載しました

 本会では中小企業における労働事情を的確に把握し、適正な労働対策を確立することを目的に、毎年、「中小企業労働事情実態調査」を実施しております。

 今回、兵庫県下の中小企業448事業所(製造業261事業所、非製造業187事業所)【調査時点平成30年7月1日】に以下の9項目について調査を実施いたしました。

1 従業員数について
2 経営について
3 従業員の労働時間について
4 従業員の有給休暇について
5 新規学卒者の採用について
6 長時間労働、同一労働同一賃金への対応について
7 長期労働契約に関する無期転換ルール等について
8 賃金改定について
9 労働組合の有無について

この報告書が、本県中小企業における労働事情の実態把握と今後の対応に多少なりともお役に立てれば幸いです。

「兵庫県中小企業労働事情実態調査報告」
<調査要領>(PDF)
<調査票>(PDF)
<調査結果ポイント>(PDF)
<目次>(PDF)
<調査結果について>(全ページ)(PDF)

ページの先頭に戻る