お知らせ

【お知らせ】 「緊急事態措置」実施に係る新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金について(兵庫県)

 兵庫県からのお知らせです。

 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態措置」として、県内全域の施設に対して、休業(酒類又はカラオケを提供する飲食店等及び多数利用施設)又は営業時間の短縮(酒類又はカラオケを提供しない飲食店等。以下、「時短営業」といいます。)を4月25日から5月11日まで要請します。
 この要請に応じていただいた事業者の皆様に対し、「新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金」を支給します。申請受付は、要請期間終了後に開始します。

1 飲食店等への要請
(1) 対象者
  県の要請に応じて休業又は時短営業に協力いただいた店舗を運営する事業者

(2) 支給要件
  休業又は定休日等の店休日を除く全ての営業日に継続して時短営業に協力していただいた店舗単位に支給します。
  ※ 業種別ガイドライン等に基づく感染防止の取組を行うことが必要です。

(3) 支給額等
 【対象期間】 令和3年4月25日(日)~5月11日(火)
 【対象区域】 県内全域
 【対象施設】 対象区域内の、飲食店・遊興施設のうち食品衛生法上の飲食店営業許可又は喫茶店営業許可を受けている店舗
         (酒類を提供する店に限定しません)
 【要請内容】 ①酒類又はカラオケを提供する場合
          休業すること
         ②酒類又はカラオケを提供しない場合
          通常、午後8時以降も営業している店舗が、営業時間を午前5時から午後8時までに短縮すること(休業を含む)
 【支 給 額】  1日当たり4~20万円(※)/店舗×時短営業日数
         ※<中小企業> 前年度又は前々年度の1日当たり売上高に応じて単価決定
         ・10万円以下の店舗:4万円
         ・10~25万円の店舗:(前年度等の1日当たり売上高)×0.4の額
         ・25万円以上の店舗:10万円
         <大企業> *中小企業もこの方式を選択可
         1日当たりの売上高の減少額×0.4(上限20万円)

[参考:4月以降の時短協力金の支給地域・対象時期等]

◆休業要請を行う大規模施設等に対する協力金について
 daikiboshisetuのサムネイル

◆緊急事態措置・使用制限対象施設一覧
 taishosisetuのサムネイル
 

ページの先頭に戻る