撮れたて情報

新年のご挨拶

 新年明けましておめでとうございます。
 皆様には、お健やかに新年を迎えられましたこと、心よりお慶び申し上げます。

 さて、昨年は新型コロナウイルス感染症が世界規模で拡大し、東京オリンピック・パラリンピック競技大会が延期されるなど、経済活動に限らず、社会・文化・スポーツ・教育活動等社会生活の根幹に多大な影響を与えました。
 新型コロナウイルスの感染の状況は全く予断を許さず、緊急事態宣言の発令の影響などにより企業活動は限りなく制限され、多くの中小企業・小規模事業者は、存続が危ぶまれる事態となっています。さらに、人口の減少や急激な高齢化等により、地域経済の活力の喪失、大企業との生産性の格差拡大、特に経済のデジタル化の進展による一層の業績格差拡大が懸念されるなど、これまでに経験したことのない難局に直面しています。
 このような状況の中で、足もとの緊急時の対応に加えて、「新たな日常」への移行と適応のためになすべきことは、個々の中小企業・小規模事業者の生産性の向上に加えて、中小企業組合をはじめとした共同化、協業化、事業統合などの事業者間の連携強化により、全体として生産性を高めていくことが重要となります。
 本会におきましては、中小企業組合への運営相談をはじめ、各種講習会・研修会の開催、機関誌「月刊中央会O!」やバーチャル展示会HYOGO!を通じた組合や企業等の情報発信等様々な支援を実施しています。また、国際フロンティア産業メッセや首都圏等での大規模展示会などへの共同出展の支援等によるビジネスマッチングの機会の提供のほか、「ものづくり補助金」の兵庫県地域事務局として、県内の中小企業・小規模事業者が行う生産性向上に資する革新的な取り組みへの支援、しっかいや中央会事業による事業承継や経営革新計画の策定等中小企業者や組合等の経営力向上を図るための支援を展開しております。さらには、中小企業の多様な連携、組織化の支援など様々な事業を実施し、これらを通じて兵庫経済の活性化に積極的に取り組んでいく所存であります。
 本年も皆様のお役に立つ兵庫県中小企業団体中央会を目指して“動く・つなぐ・結ぶ”をスローガンに各種支援事業を展開して参りますので、ご理解、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
 最後になりましたが、会員の皆様の今後ますますのご発展と、所属企業のなお一層のご活躍を祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

兵庫県中小企業団体中央会

会 長  中 村  孝

ページの先頭に戻る