撮れたて情報

新年のご挨拶

 新年明けましておめでとうございます。
 皆様には、お健やかに新年を迎えられましたこと、心よりお慶び申し上げます。

 さて、昨年は新型コロナウイルス感染症の波状的拡大や豪雨災害など日常を脅かすこともありましたが、一方で無観客ではあったものの東京オリンピック・パラリンピックが開催されました。
 いずれの大会においても日本人アスリート達が大活躍し、過去最多のメダルを獲得されました。新型コロナウイルス感染症の影響で経済面も精神面も厳しい状況下にあった日本全体がコロナに打ち勝つ活力を持てたのではないでしょうか。
 しかし、我が国は、緊急事態宣言等が解除され徐々に経済活動再開の動きが見られるものの1年半以上も猛威を振るい続けている新型コロナウイルス感染症の影響により、中小企業・小規模事業者の経営は、厳しい状況が続いています。
 この変革の時代において、中小・小規模事業者が将来にわたって成長、躍進していくためには事業再構築やデジタル化による生産性向上など、経営革新や経営基盤の強化に取り組むこと、そして個々の自助努力に加えて、中小企業・小規模事業者が協同して経営資源を補完・補強し合うことが重要になっています。
 これまで、コロナ対応で困窮する中小企業・小規模事業者が安心して事業継続が行えるサポートやポストコロナ時代の経済社会変化を見据えた事業や運営などに対する支援に取り組んできました。その中で昨年12月1日に新型コロナウイルス感染症の収束が不透明な状況下ではありましたが、会員の皆様のご協力とご理解をいただき第63回中小企業団体兵庫県大会を無事開催することができました。
 中央会では、「動く!つなぐ!結ぶ!」のスローガンのもと、兵庫県下の中小企業者や業界関係者が結集し、中小企業のネットワークの重要性や必要性への認識を新たにし、これからも皆様の身近で頼りになる存在として、組合及び組合員の価値向上に資する事業に取り組んで参りますので、一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 結びに、本年が中小企業組合と中小・小規模事業者の皆様にとりまして、新たな成長につながる1年となりますことを心よりご祈念申し上げまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

兵庫県中小企業団体中央会

会 長  中 村  孝

ページの先頭に戻る